台湾・最低限これを覚えてればたぶんだいたい大丈夫

台湾ブログ最後です。

旅行日が近づくと、そわそわしてきませんか?
現地の言葉、勉強しなきゃ、、、と。

行ったら行ったでなんとかなりそうな気もしますが、
やはり旅を楽しむなら、言葉がわかったほうが楽しいですし、
自分の想いは伝わったほうがいいし、
なにより、現地の方が喜んでくれます。

とはいえ、そんなすぐマスターできるわけもなかったので、
台湾行きは、フレーズ丸暗記。
その中でも特に使ったフレーズがあります。ざっくり7個。

◯你好(ニィハオ):こんにちわ ※笑顔で
◯謝謝(シィエシィエ):ありがとうございます ※笑顔で
◯不好意思(ブーハォイース):すみません
◯好吃(ハォチー):おいしい ※台湾どれもおいしいのでだいたい自然と笑顔
◯多少錢?(ドゥォシャオチエン?):いくらですか?
◯我要這個(ウォ ヤオ ジャ ガ):これください
※「這個」の部分を変えて応用できて便利

◯兩個(リャン ガ):2個 ※指もいっしょに

覚えておいてよかった!
台湾の方はとても親切で、言葉がわからなくても、
ジェスチャーを駆使して伝えてくれたり、
こちらのこともなんとか理解しようとしてくれました。
やさしい。
だからこそ、次行くときはもっと覚えていこう!って思えます。

あとはこんなときにこんなの使いました!っていう言葉を
食べ物と一緒にご紹介します。

土司吐司ToastToast
トーストのお店!美味しすぎるトーストサンドが食べられます。
2日間とも朝食はここにしました。
台湾大学の近くともあり、学生らしき若い子達が朝ごはんを求めに来ていました。
1日目はメニュー一番下の「店長推薦」にしてみました。
日替わりらしいのですが、この日はチーズサンドイッチでした。
そしてこれがとてもとても美味しかった!!!!
チーズが飲み物かってくらいトロトロで、溢れるほど入ってます。

とてもボリュームあります。セットで頼めるミルクティーもおいしいです。

そしてこれを注文したときに使ったのが、
◯外帶(ワイダイ):テイクアウトします

レジに行ったら、
「你好(こんにちわ)」→メニューを指差しながら「我要這個(これください)」
→指も一緒に「兩個(2個)」→「外帶(テイクアウトします)」
これで完璧です。「謝謝」も忘れずに。

ちなみに店内で食べるときはこれです。
內用(ネイヨン):お店で食べます

【阿諾可麗餅】
師大夜市の一角にある、おしゃれそうなフードコートの一角にあるクレープ屋さん。
普通にクレープかと思いきや、パリッパリでした。
そしてとても大きいです。
熱々パリパリの生地と、熱で溶けたチョコレートをいっしょに頬張るのは最高です。
師大夜市は若い子がとても多くて、並んでいる洋服屋さんも若い子向けが多いです。
そして若い子たちがこのクレープをパリパリと食べ歩いてます。


この時もメニューは指差しでなんとか乗り切りました。
が、今回は気だるそうな店員のお姉さんが「できたら番号呼ぶね」と
多分言って番号札を渡してきました。
実はToastToastもそうだったのですが、ToastToastは店員さんが手招きしてくれて
呼んでくれたんです。
今回はお客さんもかなりいて、お姉さんたちにそんなことはできなさそうでした。

ということで、数字も最低限覚えることをお勧めします!
0=リン
1=イー
2=アー
3=サン
4=スー
5=ウー
6=リョウ
7=チー
8=バ
9=ジョー
10=スー
50=ウーシー
55=ウーシーウー
100=イーバイ
108=イーバイリンバー
456=イーバイウーシーリョウ

ちなみに私は覚えていっても発音が聞き取れなくて苦戦しました。

最後はこれです。
【臭豆腐】
レストランでもありますが、夜市で食べました。
台湾に行く前は「臭豆腐食べなきゃ!」と意気込んでましたが、
夜市を歩いていて、なんか臭いな〜と思ったら臭豆腐だと分かり、
その匂いに怖気付いて、最後の夜まで触れずにいた臭豆腐。
意を決して食べたら、スープといい、豆腐といい、とっても美味!
食べたら(自分は)臭くない!
また食べたいものの一つです。

夜市の屋台は、メニューがこんな感じになっています。

左みたいなのは、メニューが遠いし、
右みたいなのは店員さんが裏側にいてメニューが見えないので
この状態で指差しも一苦労なのですが、
何よりたいへんなのは、英語すら通じない時があるということです。

台湾では若い子とかは比較的英語しゃべれてました。
地下鉄でも、英語で年配のご夫婦に話しかけられたり。
台湾でも英語わかる人は割といるみたいです。
ですが、夜市のおばあちゃんは違かった。

臭豆腐を一つというのは伝わったものの、サイズが伝えられない。
サイズの表記に「大」「中」「小」が使われていました。

「s、small!」
「??」
「small please!!」
「??」

通じない!!

ということで、
◯大杯(ダーペイ)◯中杯(ジョンベイ)◯小杯(シャオペイ)
覚えていくことをおすすめします!!

ちなみに結局臭豆腐は、お店で食べていた常連ぽい若い子たちが
わたしたちの代わりに注文してくれました。
英語でいろいろ「辛いの大丈夫?」とか聞いてきてくれました。(涙)

台湾の人みんな優しかったし、笑った顔がとても可愛い。
そんなみなさんともっとコミュニケーション取りたいと思ったので、
次回はもっと勉強してから行きます。

長々とした台湾ブログはこれで終わり。
現在、台湾で撮影した写真をZINEにしています。
まもなく完成しますので、そのときにはまたご紹介します。

台湾の食が集まる!ファーマーズマーケット

 台湾に行ったら絶対行きたかった場所があります。
そのひとつが台北の花博公園で開催されている
ファーマーズマーケット「花博農民市集」です。
花博公園はとにかく広い。
その中に、イベント会場や展示会場があったり、
クリエイターさんの雑貨などを販売する店舗が並んでいたり、
フードコート「MAJIMAJI 集食行楽」や
食材店「神農市場(MAJI FOOD & DELI)」があったり、
(神と書いてMAJIと読む!のかな??)

自然もアートも楽しめたりと、1日いて楽しいところになっています。

屋内にはメリーゴーランドもありました。
(乗っている子供達がみんな無表情だったのでつい1枚パチリと。)
訪れたときには、ファーマーズマーケットのほかに、
クリエイティブ・エキスポに関するイベントが開催されていて、
台湾の若いクリエイターさんたちがブースを出していました。

MRT圓山駅近くなのですが、もちろんYouBikeで向かいました!
こちら花博公園の入り口とファーマーズマーケットの入り口です。

ファーマーズマーケットには台湾各地から農家さんが出店しています。
そう、ここに来れば台北にいながら、台南や台中の食にも出会えるという
短期滞在の旅行者にはぴったりな場所です。

マーケットは地元の方でとてもにぎわっていました。
4月の終わりは、パイナップル、バナナ、みかん、グァバ、レモン、スイカが
ちょうど旬のようでした。

その中でも最高に美味しかったのが、コレです!!!


レモン!!!
(写真は↑蜂蜜レモンジュース)
なんだか、台湾のレモンは、香ります!
やはり産地は違いますねぇ。福島では味わえない、柑橘。。

とにかくレモンが美味しくて、
手軽なレモンジュースは見つけたら買って飲んでました。
そしてレモン持って帰りたいけど、持って帰れない、、
という悲しみを払拭してくれたのもファーマーズマーケット!!

レモン屋さんがたくさんあるのですが、スライスしたオーガニックのレモンを
そのまま乾燥させたものを売っているお店が!
(レモンのドライフルーツはたくさん売っていますが、
お砂糖で甘くしてあるものが多いです。)
もちろんGETしました。

ちなみに、喉がイガイガしたときに煎じて飲むといいよ〜って
レモン農家のおばちゃんが言ってました。

みんなへのお土産もほぼここでGETしました。


木陰にはファーマーズマーケットで購入したものを飲み食いする地元のみなさんが。
わたしたちもここでパイナップルとレモンジュースを飲み食い。

花博公園、旬の美味しいものを生産者から直接購入でき、
ショッピングや文化も楽しめるので、かなりおすすめです!!

台北・お土産<調味料>

まだやります!台湾編!

知らない土地に行ったら、地元スーパーへ行くことにしています。
食を見れば、その土地の気候とか文化とか歴史とかが分かる!はず。
そのなかでも特に押さえておきたいのは、発酵食品。
なので、お醤油買ってみました!

日本の醤油との違いは、この状態↑でもうお砂糖が入っているということ。
甘い醤油です。
台湾でご飯食べていて、小皿に醤油を出されたことがありました。
舐めてみたら甘かったので、お醤油になにか混ぜているのかと思ったら。
こういう仕上がりみたいです。なるほど。

あと日本にあまりないなーと思ったのがこれ。
エシャロットの風味油です。↑小磨坊蒜风味油
エシャロット(紅蔥頭)は台湾料理に欠かせない食材のひとつだそうです。
つまり、これがあれば台湾の味に近づけるということ。

と、簡単に言いますが、
普段の食事のどこにどう使えばいいのかまだよく想像できていないので、
これからちょっとずつ開発していきます。
たぶんにゅうめんとか食べるときに、
ちたーっと垂らせばいいのではないかと思っています。

そしてもうひとつ。
これはファーマーズマーケットで買いました。

宜蘭県の朱媽媽的手路菜というお店の手作り調味油。
ガチョウの油です。ここにも中にフライドエシャロットが。


マーケットで試食させてくれたのが、これを絡ませたビーフン。
とても美味しかったので即買いでした。
(いっしょにここの唐辛子とにんにくが入った辛い油も買いました。)
そして瓶にはレシピもついてたので、さっそく作ってみたのがこれ。


①お鍋に鴨油(中のフライドエシャロットもいっしょに)、
お砂糖、塩、醤油を入れて煮ます。
②鶏のささみを蒸してから、ほぐしてほかほかご飯へ。
③上から①をかけて完成です。

台湾でいう鶏肉飯(チーローハン)、なのでしょうか?
台湾で鶏肉飯を食べそこねたためわかりませんが、
漢字は合ってるからたぶんこれもそうなのかな。
とにかく恐ろしいくらいご飯がすすむお供ができてしまいました。
これで福島でも台湾屋台ができてしまうかもしれない、
と血迷ったことを錯覚させるくらいおいしいごはんです。

台湾へ行ったらぜひ地元スーパーへ。

台北・YouBike

台北ではほとんどYouBikeというレンタサイクルを使って移動していました。
MRT(地下鉄)が便利と言われましたが、
私たちには自転車のほうがあっていたようです。

YouBikeは、悠遊カード(日本のsuica的なカード)があれば借りることができます。
ちなみにわたしは台北に着いて次の日の朝に駅で作りました。
改札の駅員さんに100元渡しながら、勢いよく「不好意思!我欲悠遊卡!」と言いました。
「◯※⌘§◆△?」と聞き返されて「え?汗」と言い返す、
というやりとりを6回くらいやって、
ようやく普通の悠遊卡でいいのかどうか聞かれていることがわかり、
「OK!」と言いました。
(駅員さんが、ものすごく仏頂面で、けだるい感じだったので、
怒ってるのかと思ったけど、コンビニの店員さんもそんな感じだったので、
台湾はそれが基本なのかもしれません。)
これでGETです。
あとは、駅にある自動販売機(日本語対応)でチャージできます。
(作るときに駅員さんにチャージしてもらうこともできたのかもしれませんが。)
とにかく悠遊カードがあれば、自転車もMRTもバスも乗れるし、
セブンとかでお買い物もできるので、かなり便利です。

YouBikeを借りるときには、台湾の電話番号が必要になりますが、
台湾に着いてからプリペイドSIMカードを借りれば大丈夫です。
空港で借りることができます。
あと一枚のカードでいくつかアカウントつくれるみたいです。
電話番号なくても借りれる?とかも見たのですが、
わたしが説明するよりもいいサイトがあります。
詳細はこちらをご覧ください。

台北には何百箇所ものYoubikeのステーションがあります。
借りたところまで戻さずに自分がいるところから
(空きがあれば)一番近いところに返せます。
しかも最初の30分は無料。それ以降は30分ごとに30元がかかりますが、
それでもお安い。あと台北、平地で走りやすいです。
原付の多さと、ドライバーの運転の荒々しさにはびっくりしますが、
慣れれば大丈夫です。
あと、自転車は右側通行でした。自転車専用の道も多いです。

YouBikeのいいところは、自転車移動なので好きなように街を探索できるところです。
この脇道を入ってみようとか、気になった建物にすぐGOできます。
大まかに目的地を決めて、その間サイクリングして、いろんなところを見て回りました。
住宅街にカフェを見つけたり、色鮮やかな壁を見つけたりできます。



ほぼ無計画ではありましたが、
その中でもいくつかは行きたいスポットを決めておきました。

台北之家
元アメリカ大使館を改装した建物で、中にはカフェや映画館、雑貨店が入っています。
台湾madeの雑貨もたくさんあるので、お土産を買うのにもいいかもしれません。
店員さんも親切で、日本人と分かると日本語の商品の説明書とか出してくれます。

大龍保安宮
絶対行きたかった廟です。大きさも美しさも想像以上でした。
中に入ると時間がゆっくり感じられます。ぜひ上まで登って欲しいです。
(エレベーターあります)
訪れた時期はちょうどここの保生文化祭というお祭りの時期だったらしく、
日にちによっては民族芸能とかも見れるようです。
わたしたちが行ったときには、ちびっこたちが昔の格好をして寺子屋みたいなのをやってました。

台北旅行の際には、ぜひYouBike使ってみてください!

台湾!台北!

合間を縫って台湾に行って来ました。

台北の夜市をはじめ、ファーマーズマーケットやクリエイティブエキスポなど
見て来ました。
写真↑は桃園空港です。
今回は1人1台、「写ルンです」を持参しました。


なんか懐かしい感じの写真に仕上がります。
ついフラッシュたき忘れたり、ちょっとぶれちゃってたりしますが
インスタントカメラらしくて、それも楽しいです。
ポッケや小さいポシェットに入るので、常に持ち歩き。
「写ルンです」を見て、台湾の方が「かわいいね〜」と言ってました。

短い滞在でしたが、ぎゅっと(おもに1日目に)詰め込んで見てきたので
少しずつご紹介していきます。

南相馬ジョッキーズ展、終了しました。

 


南相馬市博物館で開催された「南相馬ジョッキーズ展」無事終了いたしました!
子どもたちの作品が一つとなって、全長8mの大作となりました。

ただいま、動画を作成中です。
公開までもうしばらくお待ちください。
子どもたちの作品(ジョッキーたち)が南相馬市内を駆け巡ります。

ジョッキーたちが爽やかな青空の中を駆け巡る一方、
FRIDAY SCREENは現在、年度末の波にもまれています。
もう少しで荒波も乗りこなせそうな気がします。
モーゼのようにスパッと割って歩けたらいいのに。

今週末はマルクト朝市。
ささき牧場カフェで開催です。
詳細はこちらからご確認ください。

「南相馬ジョッキーズ展」のおしらせ

「南相馬ジョッキーズ展」始まります!

子供たちが作った騎馬武者たちが大きな一つの作品になりました。

チラシのジョッキーたちは、作品の一部。
これがたくさんあります。ぱっと見、同じ形のジョッキーたちですが、
よくご覧ください。
旗が様々なデザインです。

羽がある象や、建物を壊しちゃうくらい大きなミジンコ、
大好物を食べることによって最強になる犬など、
パーティーに迎えたら心強い動物たちが描かれています。

見応え十分ですので、ぜひ!

3月7日から18日まで、南相馬市博物館で展示しています。
ぜひご覧ください。
詳細はこちら

 

【キッチンアドベンチャー〜今夜はシチューの予感〜】終了しました。

1ヶ月にわたり、福島市のこむこむで開催された
「キッチンアドベンチャー 〜今夜はシチューの予感〜」。
先月無事終了しました!
おかげさまでたくさんの方に遊びに来ていただきました。

予定が合わなくて行けなかった!
行きたかったけど大人なので行きにくかった!
という声もちらほら。

少しだけ写真でご紹介します。


▲ストーリーはコンロのツマミがキッチンから逃げ出すところから始まります。

 ▲ツマミを追いかけるとそこはキッチンワールド!

▲キッチンのキャラクターと遊ぶことができます。

▲音や映像、匂いなど五感をフルに使えるコンテンツが揃います。

▲デジタルコンテンツだけでなく、アナログな仕組みを使ったコンテンツも。
(この仕組みについては、別の機会に改めて語りたいものです。)

最後に1ヶ月お世話になったスタッフのみなさんと写真撮りました。
いつもとは違った刺激的な1ヶ月でした。
ありがとうございました!
キッチンアドンチャーの概要はworksでもご紹介しています。

 

ワークショップ『南相馬ジョッキーズ』

競馬場がある福島市にも馬はいますが、
南相馬市にも馬がいます。
そう、相馬野馬追です。

今年度はご縁あって「相馬野馬追」をテーマにしたワークショップを
南相馬市で開催していました。
そして先日、全3回のワークショップが無事終了!

今回のワークショップタイトルは「南相馬ジョッキーズ」
野馬追で甲冑に身を包んだ騎馬武者たちが掲げている旗指物。
その旗は家のしるしでもあるので、ひとつとして同じ模様・色は使っていません。
旗帳もあるほどで、旗の種類は約2600種だそうです!
どれもシンプルでかっこいいデザインです。
(旗について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。)

今回は南相馬市のこどもたちに、オリジナルの旗をデザインしてもらいました。
様々な質問に答えていってもらい、
数種類の色や模様のシールをコラージュして出来上がったのがこちら!


おしゃれな旗!(ちなみに写真↑は魚を獲ったカワセミとスイカ柄の旗です。)
下にはそれを掲げるジョッキーと馬もいます。

今回40枚ほどの作品が完成しました!
そして、このプロジェクトには続きがあります。
完成した作品はなんと動画になりますよー!
このジョッキーたちが南相馬市の街を駆け巡る予定。
動画は来年南相馬市で開催される全国植樹祭に向けて制作します。
また、こどもたちの作品は今年度中に、南相馬市博物館で展示します。
どちらもおたのしみに。

台湾台北市路上芸術的観光①

旅行に行った先々で街を散策し、グラフィティやミューラルと呼ばれる壁画を見て歩くのが好きです。

今回は、台湾台北で見つけたグラフィティとミューラルを紹介します!

まずは、

公共のゴミ箱です。
ゴミ箱をアーティストに開放しているようで、様々な作品が街中に点在していました。

次は、

レンタサイクル(YouBike)で路地を走っていて見つけました。(YouBikeすごい便利です!)
栄えてる街中から一本入った、ポッカリと空いた敷地に佇む廃墟にあります。
周辺の景色との対比がこの作品を際立たせているようでした。
日本に帰ってから知ったのですが、この作品は台北でも有名なグラフィティアーティストCandy Birdの手によるものでした。
社会風刺の効いた作風が特徴です。

次は、

こちらも自転車で走っていて街区と街区を両断する大きめの道路端で見つけました。
唐突に風化したグラフィティ群が現れてビックリしました。

まだまだあるので、残りは次回に!

 

さて、福島市のこむこむで開催している企画展(12/16(sat)〜1/14(sun))に携わっています!
その名も

キッチンアドベンチャー〜今夜はシチューの予感〜

キッチンにまつわる体験型のコンテンツがたくさんあります!
半券があれば期間中何度でも再入場できますよー。

そして、

火力三兄弟をはじめたくさんのキッチンワールドのキャラクターも登場します。

是非、ご家族でお越しください。