Workshop Mart 2020

今年もやります。
新型コロナ感染拡大防止の観点から今年は例年とは違うイベントとなりました。
テーマは「おうちを美術館にしよう」です。
新型コロナの影響が大きくキット販売がメインなのですが、おうちにワークショップキットを持ち帰ってもらい制作し飾ってもらおうというものです。
子供から大人まで幅広く楽しんでもらえるのではないかと思います。
いままでで人気の作家さんのキットの他、私達は5つのキットを制作しました。
美術にはいくつかのジャンルがあるということを意識してもらえたらいいなというのが発想のきっかけです。
大きく絵画・彫刻・染色・グラフィックデザイン・版画の5ジャンルを取り上げました。
美術館はこれらの収蔵作品が展示されています。
ジャンルを知れば自分がハマる作品の傾向や自分がやってみたいジャンルが見つかるのでは。と考えます。
実際に体験してみるとそのジャンルの奥深さや手間・時間・労力、そして作家さんの情熱をより感じられるようになります。
作品を鑑賞するというのはパッと見のフィーリングもありますが、完成するまでの過程や技法・素材とその作り方、作家さんの人生や時代、テーマ・修練などもっともっと掘り下げることができるのです。
福島県立美術館には福島県由来の作品も多数収蔵されています。

このイベントをきっかけに美術に興味をもっていただければ幸いです。
では、美術館の庭でお待ちしてます!

ワークショップマート2020特設ページ

FRIDAY SCREEN 農園!

驚くほどにブログが更新されていなかったので
驚いて今ブログを書いています。

コロナによる外出自粛も少しずつ緩和されてきましたが、
まだ完全に終息したわけではないので、
気を使いながらの毎日が続いていますね。

今年企画していたイベントはいくつか中止になってしまいましたが、
FRIDAY SCREENでは今できることを企画中。

その一つとして、この自粛期間で
FRIDAY SCREEN農園に着手できました!

耕作放棄地は全国で課題となっていますが、
FRIDAY SCREENの事務所のある清水町もしかり。
高齢者の多い町で、元農地がたくさんあります。
清水町の耕作放棄地もどうにかしたいとかねてから考えていました。

まずは小さくてもいいから、とはじめてみましたが、
いざ開墾してみると、なかなかの広さに。
これはいろいろできそう!
そして作業をしていたらさっそく近所の方が声をかけてくれました。
こうやって農地をきっかけにコミュニケーションとれるのも嬉しいです。

FRIDAY SCREENの農園部門、少しずつ充実させていきたいと思います〜

福島×台湾交流事業!

福島大学と台湾の国立台北大学と高雄の文藻外語大学が学生交流をしていることをご存知でしょうか。

2017年度から福島大学生は、東日本大震災に際して台湾から寄せられた支援に「ありがとう!」を伝え、台湾の2大学で「福島の今」を伝える活動を続けています。

台湾の学生たちの「福島の復興に一緒に取り組みたい!」という声を受けて、協働プロジェクトが立ち上がりました。

フライデースクリーンはこの協働プロジェクトのお手伝いをしています。
フライヤー制作やロゴデザイン、写真撮影、屋台制作など!

2020年1月にはコラッセふくしまで両国の大学生による台湾キッチンTAROTAROを開催します。

本場の台湾料理が味わえますよ!